夢見がちな日々2

中越千春です。

『ベッドルームの夢』

忘れないように、感動したことを書きます。
というよりは、自分の頭の整理も含めて書かざるをえなかったな。
8/8に公開されたこの作品について。
途中脱線してるけど…。

ラブリーサマーちゃん「ベッドルームの夢」Music Video
http://youtu.be/Mab1BN1Marc


昨年終わりか今年初めぐらいから名前を見かけたのでネットで曲を聴きだして、ツイッターをフォローして面白い人だなと思って、どんどん好きになったラブリーサマーちゃん。
まず、曲を宅録して全て自分で制作しているというところ、そして弱冠19歳(知った当時)というところに驚きました。
19歳かあ…、と思って曲を聴いたけれど、彼女のキャッチーで洗練されたセンスがキラキラ、キュートに光っていて、バックグラウンドが気になってどんどんファンになりました。わたしが思春期に苦しみつつフラフラ過ごしている間に、彼女はおそらく膨大な時間をPCと向き合い、難しそうな作業をして作ったんだなと思うとすごいなあと思った。わたしも宅録やりたい!やらなきゃ!と本格的に思わせてくれたかも。

19歳って!
脱線するが、あと19歳のアーティストだったら今ヒロネちゃんが気になってる。彼女にしか歌えない歌を歌っていると感じる。
19歳といえば、私は大学に入りギターを持って音楽活動を始めたばかりで、基本ライブを観に行くのが楽しくて楽しくて色んなライブに行って、私もステージに立ちたくてサークルの発表会やライブハウスに震えながら出演して、ちょっとほめてもらっていい気になって、はたまた社会性が欠乏しすぎてまだ上手く会話すらできなくて落ち込んで、
楽しくて、必死で、未熟で、余裕が無くて。そんな日々だったような気がするなあ。
振り返ってみれば、私にとって音楽は、孤独にまみれた心に、心から楽しいという気持ちを与えてくれるもの、また、他ではてんで地味で優等生の皮を被った自分が、キラキラ光る生々しいステージに立て、仲間と出会えるもの、だった。
まだ自分を落とし込むものではなかったのかな。作曲の方法もわからずにいた。

19歳の彼女たちはもうすでに溢れ出んばかりの色を、音楽に詰めて、世に放っている。
アーティストだ。
そうでなかった私がいるから、年下だけどすごくかっこよくて尊敬するなあ。
色んなことを考えて生きてるんだろうなって思う。


だいぶ脱線したが、そんな若く輝かしい20歳になりたてのラブリーサマーちゃんの初の単独名義CDのリード曲・「ベッドルームの夢」のMVが8/8、公開された。
とっても素敵な楽曲はiTunesで買って先に聴いていたんだが、このMVを見て、曲の世界観が一気にぐっと深まって感動した。さらに画面の前で、胸の深くまで届く衝撃を受けた。

MVは、ベッドルームらしき、パソコンの光だけが照らす薄暗い場所で、パジャマ姿の少女がひとり、ベッドの上で、PCを見たり、スマホをいじったり(自撮りもしているようだ)、布団にくるまったり、ギターを抱えて弾いたり。そんな部屋の少女を中心に、画面がくるくる回転する。時折美しいカラフルな砂嵐のような光が交錯する。少女の儚さに涙が出そうになった。そしてかわいらしい。

このMVは監督のスズキケンタさんが、『これは、インターネットと僕たちについてのMVです。そして、ラブリーサマーちゃん自身についての曲です。』とツイッターでコメントされていた。
そうか、心が震えたのは、少女とラブリーサマーちゃんが重なっただけでなく、自分たちとも重なった部分があったからか。どうしようもなくひとりきりで、画面の中をじっと見て、誰かに聞いて欲しくて様々なことを発信してみて。周りの友達の知らない世界を知って、深くまでいって、また孤独は進んで。
でも確かに広がりやつながりができて。光を見ることもあって。
「ひとりぼっちでも部屋から旅立つのよ
まるで絵本みたいな瞬間が訪れる」
「ベッドルームでひとり口ずさむメロディー
あの子にも聞こえたらいいね」
四隅四方を閉じられたベッドルームは、無限に広がっていた。ラブリーサマーちゃんが体験したように。わたしも体験したように。
自分だけの世界だったものを映像化し、こちらに見せたスズキケンタさん、すごいです。ラブサマちゃんはしっかりといるし。
わたしたちは、ひとりぼっちでも部屋から旅立つのよ!

また私の話に。
以前バンドをやっていたときに私が作った曲で「ステージ・オン・ザ・ベッド」という曲がある。名の通り、狭い部屋の中のベッドをステージに見立てて歌い踊るというもの。お恥ずかしながら実際に高校生の時やってたんだよね。
なんか、恐れ多いけどベッドルームの夢と近い世界観のような気がすると思った。ステージは目の前に、広がっているから、って歌ってた。
今も歌っている私の曲、「おやすみを唱える」も。狭いベッドに潜り込んで広がる夜の中で想いを巡らせる。

うーん、なんだろう、ベッドルームには不思議な魅力があるね。狭く、そこで閉じて完結していると見せかけて、でも広くつながっているという捉え方による裏切り感。ドラマチック。いいね。
恐れ多いけど、ラブサマちゃんと少し似てるなと思って嬉しかった。



ラブリーサマーちゃん、スズキケンタさん、素晴らしい作品を本当にありがとうございました!
大好きで大切な作品になりました。

ついでに私の曲も紹介して終わりにしますね(笑)。
ベッドルームにて、夢よどこまでも広がれ!

中越千春「おやすみを唱える」
http://youtu.be/-avKuY-ngn4
広告を非表示にする