夢見がちな日々2

中越千春です。

生きる

一昨日と先週のWワークの日が思いのほか辛過ぎた。
接客業と接客業のWワークなので、テンションを落としている暇は無い。笑顔で接客を強いられる。体は昼間の仕事ですでに疲れる。働く以外の別のことをしなきゃ狂いそうな感じだったけど、生活があるのでどうしても働かねばならない。
ちょっとキてるかなわたし。
おやつも最近超食べちゃう。チョコパイ、菓子パン、ミスドのドーナツ(108円セールの為)などを仕事後に買った分だけパクパク全部食べてしまう。
やっぱりキてるのかな。

おんがく。
誰に聴いてもらえばいいかわからないという気持ちが起きてしまった。
この東京では、知り合いだからとか関係無い、ただ良い人が残るし、声をかけられるし、ネットワークを築けるし。
ライブをしてもあまり人を呼べないし、ネットを利用しても多くの人には届ききらない。
周りとの差を感じて、虚しくなって、うたうのがなんだか苦しくなって。
高知のときの強さはどこへやら。
生活も苦しいし、家族もいないし、何でここにいるんだろうとか思って。
辞めて帰ってしまえば楽になるのではとも考えたが、今辞めて、帰ったところで、またきっと私は悶々として過ごす。
まだまだやりきれていない。
それに気づいたことがある。
ここで鳴る音楽を聴いてから、自分にはやれていないことがまだまだ多すぎると思った。何年もやってきたつもりだったけど、本当に、やってきた「つもり」だった。そのつもりを支えにしてしまっていた。よく考えたら、しっかりやろうなんてほんとに思ったの、ほんの最近。
もう若さを武器にもできないし、時間ばっかりかかっちゃうし、今までやってきたことがあるのに、降り出しと捉えるのは怖くて勇気がいるけど、新しくここからだと、思わなければ。
試される、現実を見せる、この場所で。

結局は、誰かと違った誇れる部分を持ち、誰かに必要とされたいだけの思いかもしれない。
でも、確かにわたしを救った音楽で、誰かを救える人になれたら、これ以上はないと思うよ。
諦めきれない憧れ。

あとは、こんな活動の中でも、希望はあるんだ。聴いてくれる人が、全く、いないわけじゃないんだ。
ありがとうございます。
少しの希望を信じるよ。

今の自信が減っている状態でステージには立ち続けられないから、やっぱり少しライブはお休みします。
ステージは強くしてくれる場所でもあるけど、いまは、すこし。
インプットで、渇いた心をたくさん光らせて、あたためて、それからたっぷり瑞々しい曲を書いて、ゆっくりしっかり練習して、音源を作って。
誰かに届くように、しっかり込めて。
手間をかけるということの大事さ。靖子ちゃんから最近教わったし、うすうす気づいていたこと。
お金も必要。生活するにも活動するのにもお金がいるから、ライブでマイナスになる資金を削って、ちゃんと動かしていかないと。心身に響く。

そうしてきっと、新しい私でステージに立てるよ。


ボロボロになっても、救われるのはまた、音楽。

ライブはあと2本。
こんなときだからこそ、聴いてくださる一人一人のことを考えて、一つ一つのライブで、しっかりと歌います。

よろしくお願いします。



***


会社員の頃、働くのがどうしようもなく嫌になって逃げたいときに手っ取り早かったのは、マンガをツ●ヤで借りてきて読むことだった。
それを今やる。結局変わらないんじゃないか!
東京タラレバ娘が面白かった。
あと映画も見ようかなと思って、インストールと、リリィ・シュシュのすべてを見てみた。
インストールはよかった。気軽に見れた。神木少年尊い。
だがリリィシュシュは気軽に見るものではなかった。
ドーンと残されたけど、美しさもある、不思議で壮絶な作品だった。
ズキズキとどうしようもなくは痛まない。今わたしは中学生の世界にはいないし、いつか抜け出せるものだからかな。
いつか抜け出せるとはいっても、地獄のような環境にいる最中では、時間は死ぬほど長く鉛のようで抜け出せないように感じるのだが。
中学時代って、歯止めがきかない部分があって、ある意味高校生より怖いのかもしれない。浅はかで、一歩踏み外せば闇で。こんなだったなと思い出した。
作品の中で、誰も救われなさすぎて、終わったあとも頭の中で登場人物のことを考えて続けてしまった。
あの子はレイプされ、坊主に、そしてあの子は自殺…これが畳み掛けてきたのが個人的に辛かったな。
そしてあの子は、あの子を殺した。
あの子たちはどうしたら救われたのかなと思う。
世界は広いのに、小さな世界で灰色に生きるしか無かった、あの子たちよ。
稲穂の風景が、やたら美しく、目が眩んだ。


***


ひとって、こんなにも簡単にいなくなってしまうんだ。
地元でお世話になっているクラブでよくプレイされていたDJの方の訃報を聞いた。
そのクラブの仲間たちのSNSでのざわつきを見ていて、もしや、と思ったらそのもしやだった。
彼とはあまり直接は関わったことはないが、彼のサマになるかっこいいDJ姿はしっかり覚えてるし、同じようなコミュニティにいた。
彼は癌の闘病中であった。
ツイッターでも闘病中の様子が呟かれていて、どうにか良くなってほしいと影ながら思っていたが、思ったようによくなってないみたいで、いつかそのときがやってくるのかと思っていた矢先のことだった。
まさか、こんなにあっという間に来るなんて。
先月確かDJされてなかったか?
この間の年末年始のカウントダウンパーティーでもプレイしていたよね?
ほんとうに、彼の名前をあのクラブのスケジュールで見かけることはなくなるのだろうか。寂しい。

あまり直接は関わったことが無かったものの、彼とはツイッターでつながっていた。
ほんの半月前、わたしは珍しく彼からリプライを受け取り少し会話していたのだった。
よく私は愚痴をこぼしてしまうのだけど、そのときは、必死で毎日昼間の仕事に行ってるのにうまくいかないというツイートをした後、必死ってどこからが必死でしょうね?という返信を彼からいただいた。
きっと彼は、本当に、必死に、戦ってたからこういう言葉を向けてきたのであろう。
そのとき、話のついでに、頑張ってくださいと何か言葉を掛ければよかっただろうかと少し後悔している。
あまりにも突然で、そしてその時が来てしまってからでは遅いことを痛感した。
そして無駄な労力を使わせてしまったのでは。ごめんなさい。

彼のDJのキャリアは長く、多くの人に慕われていた。
よく知るあたたかい仲間たちが悲しんでいる。惜しんでいる。わたしも悲しいよ。

あちらでは、もう病気を気にすることなく、思い切りプレイし続けていて下さいね。
また会えた時は乾杯して下さいね。
ありがとうございました。


***


生きなければと思った。
突入した連勤も東京も、とにかく、生きねば。
広告を非表示にする